看護師として復帰(違う道の選択から病棟に戻れる!?)

ナースジョブを利用してから実際に転職するまで

潜在看護師とは

潜在看護師とは何

新卒後看護師として数年働いたことはあるけれど、看護師の職場を離れて医療とは関係のない道に進んだ方も、なにかをきっかけにまた看護師として働きたいと思う方もおられると思います。

別の道を選んだ看護師さんだけでなく、出産や子育てなどの理由に看護師の職を退いている看護師さんも多数おられます。

このような看護師免許は取得しているが、看護師として働いていない看護師のことを潜在看護師といい、全国で70万人以上いると言われています。

潜在看護師の方が復職に失敗しないように復職する前の事前準備や職場の選び方などをご紹介します。

潜在看護師が復職するための事前準備

潜在看護師が復職するための事前準備

潜在看護師の方が復職する際の事前準備のポイントを3つ紹介します。

潜在看護師が復職するための事前準備 ~その①~

家族とよく話し合うことです。看護師は不規則勤務のことも多く、看護師として復職した最初の頃は勉強などもあり、家事を1人でこなすことが困難になる場合があります。

このような時は家族の協力が欠かせません。家族の理解を得て、看護師として復職するときに自分への負担をかけ過ぎないようにしましょう。

潜在看護師が復職するための事前準備 ~その②~

看護師知識の復習をしておきましょう。医療現場は日々進歩しているため、ブランクが開けばあくほど復職した時に知識が不足してしまいます。

そのため、復職前には本やスマートフォンアプリを利用して最新の知識を得るようにしましょう。

看護師が復職しやすいように各都道府県の看護協会が復職支援制度と言って講習会なども行っているため、時間がある方は参加してみるようにしましょう。

潜在看護師が復職するための事前準備 ~その③~

体力づくりです。看護師は体力勝負なところもあり、看護師という仕事に加え、家事や育児を両立しなければならない場合はより体力は必要になります。

不規則勤務で生活リズムが変化してしまうことで、自身の生活リズムが崩されることも考えられるため、体力作りはしっかりしておくようにしましょう。

病棟看護師で復職するメリット

病棟看護師で復職するメリット

潜在看護師の方が復職するとき病棟看護師として復職している方も多くおられます。

潜在看護師の方は医療知識で不足している点もあるかと思いますが、患者さんとのコミュニケーション能力などは長けている部分も多いと思います。

社会人として看護師とは別の道で働いてきた方が様々な経験を看護師の仕事に活かしてくれることを病院側も期待しています。

そのため、患者さんとのコミュニケーションや信頼関係がより必要となる病棟看護師は潜在看護師にとって強みの部分もあります。

また、病棟看護師として復職した場合は施設によっても異なりますが、教育体制がしっかりしていることが多いです。

プリセプターがついたり、ベテラン看護師が手厚く指導してくれるため、ブランクがあっても以前の看護技術をいち早く取り戻すことができます。

病棟看護師と働いた時にわからないことや教えてほしいことは自分から積極的に尋ねるようにしましょう。

潜在看護師の復職を決めるポイント

潜在看護師の復職を決めるポイント

潜在看護師の方が復職するときに施設選びで重視するポイントは、自分に合った職場を選ぶようにしましょう。

復職してすぐに忙しい職場を選んでしまうと、教育制度が充実していてもしっかりと指導してもらえない可能性があるため、教育制度が充実していて、忙しすぎない職場を選んで、最初はブランクをゆっくり埋めるようにしましょう。

また、違う道へ行く前に自分が働いていた診療科などを選んで復職すると、知識も取り戻しやすいと思います。

転職先を探す時には、看護師転職サイトなどを利用してブランクあり看護師を受け入れてくれる施設や教育制度が充実している施設を紹介してもらうと、転職活動の失敗も少なくなります。

ブランクがあっても復職できる!

ブランクがあっても復職できる!

ブランクがある潜在看護師の方は不安に思っている点も多くあるかもしれませんが、何年ブランクがあっても看護師として復職することは可能です。

看護師転職サイトには潜在看護師の復職をサポートする体制を整えているサイトもあるので、安心して自分の好きな道を選ぶようにしましょう。

看護師の転職サイト人気ランキング
看護師の転職サイトは、ネット上で調べると20サイト以上あります。 その中から『求人数』『年間利用者数』『お祝い金』『対応エリア』『口コミ・...

宜しければ、応援の意味でポチッとお願いします。

看護師の求人・転職サイトの比較ランキング

看護師の仕事って、働く環境・職場の人間関係などによって、働きやすさが変わりますよね。

また、自分の周囲の環境(出産・結婚など)によって、転職を決断する場合があります。

その際に、自分にとってより良い条件で転職したいですよね~。

私の看護師の友人は、知り合い経由で転職をしていたけど、条件面悪く、本人はその条件が良いのか悪いのかさえ気づいていなかった。

看護師の転職サイトも合わせて活用し、求人情報を客観視することが大切です。

看護師の求人・転職サイトの比較ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夜勤なしの看護師募集・求人を探すためには!?

夜勤なしの看護師募集・求人を探すためには!?

看護師の転職事情(大阪)

看護師の転職事情(大阪)

3年未満の転職は不利になる?

手術室看護師の仕事内容とよく抱える悩みとは?

看護師からの転職!!養護教諭になるには??

看護師からの転職!!養護教諭になるには??

看護師からの転職!!養護教諭になるには??

看護師の転職事情(東京)

看護師で余裕のある職場に転職し、ストレスから解放

看護師で余裕のある職場に転職し、ストレスから解放