経験が浅い看護師の転職 転職先で失敗しない為の3つの心得

経験が浅い看護師の転職 転職先で失敗しない為の3つの心得

看護師として働いている中で、転職を考える時期は様々だと思います。

ひとつの職場である程度経験を積んでから転職することがやはり理想ではありますが、どの病院も過酷な現場ですので、早期退職を検討することもあるかと思います。

また、残業時間の多さや休日出勤などによるライフワークバランスの乱れ、人間関係、その他にももっとスキルアップの目指せる職場で働きたい、など、転職を検討する理由も色々とあるでしょう。

ある程度経験を積んできた看護師であれば、どこへ転職しても即戦力となる可能性が高いので歓迎されることが多いですし、転職先でも比較的早く順応できるのではないかと思うので、転職するのにそこまで不安にかられることもないと思います。

しかし経験が浅い、若しくはブランクが長い看護師の場合は、転職先で務まるかどうかや、馴染めるかどうかなど、様々な面で大きな不安を抱えることも多いのではないでしょうか。

実際私も今まで後輩達から、転職について相談されたことが何度もありました。

新卒で入職して一年経つか経たないかという子から、資格を取ってからは6年くらい経つけれど臨床経験は三年未満という子など、転職を考える理由は個人によって違いましたが、やはり経験が浅い状態での転職には多大な不安を感じていました。

経験が浅くても本人にしっかり頑張る気さえあれば、どんな職場への転職も可能だと私は思います。

ただ、転職先での自分の気持ちの持ち方、対応の仕方次第で、そこでの居心地の良し悪しや、業務をスムーズにこなしていけるかどうかは180度変わると思います。

ここでは、どんなに経験が浅くても、こんなことをしっかり心得ておけば転職先でも良い環境で働くことができる、うまく仕事に順応することができる、と思うことを、私が実際に後輩にアドバイスしてきたことを元に書いていきたいと思います。

経験が浅い看護師の転職 転職で失敗しない為の3つの心得

経験が浅い看護師の転職 転職で失敗しない為の3つの心得
  1. 学ぶ姿勢を持つこと
  2. へたなプライドは捨てる
  3. 出来ることを精一杯頑張る

①学ぶ姿勢を持つこと

経験が浅いということは、やはり中堅やベテランに比べたら知識技術面では劣ります。

看護師として現場でそつなく業務をこなす為には、頭に詰め込んだ知識技術だけでなく、経験で学ぶ知識や技術も必須になります。

その為、どんなに机上の勉強に励んだとしても、臨床で働いた経験がほぼなければ、はっきり言って使い物になりません。

ですので、とにかく転職先でも、常に学ぶ姿勢を持つことは基本です。

わからない疾患や病態を都度調べて学ぶことは当然ですが、先輩達の動きや話にも耳を傾け、常に五感を働かせる。

また教わったことは意欲的に実践させてもらう、やったことのないことは自分から積極的に、経験がないから教えて欲しいと伝えて行く。

当たり前のことのように感じますが、そういったことができない人が多いと感じます。

教える側は、相手が全くの新人ではないとなると、この人はどこまでわかっているのか、どこまでできるのか、何を教えたら良いのかなど、相手がはっきり伝えてくれないとわかりません。

また、多少経験しているなら、新人のようにみっちり付いて教えなくても大丈夫だろうと考えるので、言われなければ出来るのだろうと捉え、いちいち一つ一つ業務の確認もしないと思います。

その為ある程度時間が経ってから、「実はこれ出来ない」となると、今更?何でもっと早く言わなかったの?と思われ、やる気ないのだなと受け取られてしまい、当然印象も悪くなります。

知識的なことについても余りにもなさすぎると、やる気、学ぶ気あるの?と思われます。

要領が悪くても、出来なくても、学ぶ姿勢がしっかりあると感じられれば、教える側も根気強く親身になって対応してくれることもあります。

出来る出来ないは別として、まず意識としてしっかりどんなことでも学ぶ姿勢を持ち、取り組むことが大切です。

②へたなプライドは捨てる

転職先では、それまで自分が培ってきた経験を活かして働くことも大切ですが、それはあくまでも「経験を活かす」のであって、自分が経験してきたそれまでのやり方と同じ方法で業務を行うということではありません。

また、これは経験してきたことだからできると、自己判断で勝手に業務を進めて良いということでもありません。

同じ業務であってもそのやり方に関しては各病院によって当然異なります。

使用する物品や手順もそうですが、動き方や患者対応の仕方など、業務の全てにおいて病院が変わればその方法も変わります。

ある程度のことは経験でわかっても、「その病院のやり方」に関しては一切知らないはずです。

経験上このやり方効率悪いな、無駄だな、こうした方がいいのに…などなど、思うことは沢山あっても、その職場では新人なのです。

その為、同じ業務を今までとは全く違うやり方で行うことになっても、まずはその職場でのやり方に合わせていくことが大切だと思います。

その職場での業務のみならず環境、患者、スタッフ、体制全てに於いて知らないことだらけの状態ですので、自分の意見や考えなど、とりあえずまだ言える立場ではありません。

とにかく最初は何でも「教えてください」というスタンスで臨むことが大切だと私は感じます。

ですので、そこに経験によって作られたへたなプライドは邪魔になります。

新人ではない経験者でも、職場が変わったら新人同然の気持ちで、何事も教わる姿勢を持つことが大切です。

あくまでもその病院の体制に合わせることを大前提とし、その上で自分の経験を活かす、ということが必要になると思います。

不要なプライドがあると、様々な面で素直に指導を聞く、受け入れる姿勢が持てないと思うので、面倒くさい人と思われてしまうこともあります。

③出来ることを精一杯頑張る

経験が浅いとなると多少の経験があるとは言え、転職先では即戦力になるのは難しいと思います。

そうであれば、まずはしっかり自分が出来ることを表出しながらそれを率先して行い、少しでも職場の力になれるよう努めて行動することが大切です。

私が今まで指導を受け持った後輩達にも様々なタイプがいましたが、経験の浅い人の中でも、自分の出来ることに関しては「もっと経験したいので私にやらせてください」「これは私はできないので、私はこっち頑張ります」「何かできることあったら言ってください」などと自ら伝えに来て積極的に動く人と、何をしたら良いかわからずオロオロする人との大きく分けたら2つのタイプがいました。

前者は出来ることが少なくても、出来る範囲で動いて手助けしてくれたりする為有り難い存在となりますが、後者となると、あの人何もしない、毎日何しに来てるの?と、不信感を抱かれてしまうこともあります。

私の後輩で、自分は経験が浅く出来ることも少ないから、少しでも力になれるようコールを人一倍取りますと言う子がいました。

それも立派に出来ることを一生懸命頑張っていると感じます。

その子は針刺し技術なども自信がないと言っていましたが、自信がないからやらないのではなく、積極的に自分がやりますと言い、でも失敗するかもしれないからサポートお願いしますとしっかり表出できる子でした。

それで十分だと思います。

中途入職で即戦力になれる人が入ると有り難いのはどの職場でも間違いなくそうだと思いますが、経験が浅くても自分の気持ちの持ち方、動き方次第では幾らでも現場の力になりますし、有り難い存在になります。

職場が変われば、当然ですが自分が仕事をする場の雰囲気も変わり人も変わるので、現場に入る時の緊張や不安はとんでもなく大きいものと思います。

経験を積んできての転職でもやはり新境地ではそういった気持ちが出てくるので、それが経験が浅いとなると尚更だと思います。

でも、そんな気持ちの中でも、まずは自分の立ち位置を把握し、できることを確実に行うという姿勢で挑むことが大切です。

そしてそれを実践できることで、周りも自然とサポートしようと感じ動いてくれるのではないかと思います。

経験が浅い看護師の転職 転職先で失敗しない為の3つの心得~まとめ~

経験が浅い看護師の転職 転職先で失敗しない為の3つの心得~まとめ~

いかがでしょうか。

経験が浅い中での転職に当たり、私の考える心得を3点書かせていただきましたが、やはり人間同士ですので、相手の出方次第で対応が色々と変わるというのは確実にあると思います。

新しい場所でひとりのスタッフとして受け入れてもらい、自分が働きやすい環境を作るためには、まずは自分の日々の在り方を考えることが大切だと感じます。

新しい場での自分の在り方次第で、転職の良否が大きく分かれることは間違いないと思います。
人気の看護師の求人・転職サイトのランキングはコチラ

看護師の求人・転職サイトの比較ランキング

看護師の求人・転職サイトの比較ランキング

看護師の仕事って、働く環境・職場の人間関係などによって、働きやすさが変わりますよね。

また、自分の周囲の環境(出産・結婚など)によって、転職を決断する場合があります。

その際に、自分にとってより良い条件で転職したいですよね~。

私の看護師の友人は、知り合い経由で転職をしていたけど、条件面悪く、本人はその条件が良いのか悪いのかさえ気づいていなかった。

看護師の転職サイトも合わせて活用し、求人情報を客観視することが大切です。

看護師の求人・転職サイトの比較ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

養護教諭にはどうやってなるの??

保健師の仕事が人気な理由!!保健師ってどんなところで働けるの?

看護師の採用面接で落ちてしまう!?不採用になりやすい看護師の特徴

看護師の採用面接で落ちてしまう!?不採用になりやすい看護師の特徴

看護のお仕事を利用しての転職活動

最大40万円も!お祝い金が貰える看護師転職サイト4選

看護師転職サイトに登録する理由とメリット・デメリット

看護師転職サイトに登録する理由とメリット・デメリット

東京の看護師・平均勤続年数

新人看護師が転職を成功させるためには!?

男性看護師の転職

男性看護師の転職理由、転職成功のコツ