看護師の転職活動で退職した理由を聞かれたらどうする?面接に有利な退職理由とは

看護師の転職活動で退職した理由を聞かれたらどうする?面接に有利な退職理由とは

退職して心機一転、転職活動をしようと思っても面接でどのように退職理由を言ったらいいか分からないということも多いですよね。

こちらの記事では、看護師の転職活動で退職の理由を聞かれた時の有利な理由と不利な理由について紹介しています。面接でどのように説明したらいいか分からない、という方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

看護師が退職したい本当の理由

看護師の転職活動で退職した理由を聞かれたらどうする?面接に有利な退職理由とは

人間関係

看護師が退職したい本当の理由一つ目は、人間関係です。

看護師の退職理由の多くは人間関係になります。看護師は女社会で、どうしても人間関係がこじれてしまいますよね。人間関係がこじれると、長く働く意欲がなくなってしまいます。そのため人間関係を機に退職する、という人も多いです。

結婚・妊娠

看護師が退職したい本当の理由二つ目は、結婚・妊娠です。

看護師の仕事は激務になります。そのため、結婚や妊娠を機に看護師を辞める人は多いです。妊娠していては仕事がまともにできず、マタハラを受けることもあります。そういった理由から、結婚や妊娠を機に辞めるという人は多くなります。

夜勤が辛い

看護師が退職したい本当の理由三つ目は、夜勤が辛いということです。

看護師が病棟で働いていると、夜勤は必ずやらなければいけない仕事になります。ですが長く働き中堅看護師ほどになると、年齢的に夜勤が辛くなってきますよね。そのため夜勤がない仕事へ転職したいと、退職する看護師も多くなります。

看護師の面接に有利な退職理由

看護師の面接に有利な退職理由

キャリアアップしたい

看護師の面接に有利な退職理由一つ目は、キャリアアップしたいという理由になります。

キャリアアップしたいという退職理由は、とてもポジティブな退職理由ですよね。また転職先の職場でキャリアアップできる、ということを示しているため面接で好印象を与えることができます。

他の分野に興味がある

看護師の面接に有利な退職理由二つ目は、他の分野に興味があるという理由です。

今まで勤めていた診療科以外で働く場合、他の分野に興味があるという理由はともていい理由になります。面接官も前向きに転職したいと思っているということが分かるため、好印象を与えることが可能です。そのため、他の診療科に転職する場合はこの退職理由はとてもポイントが高いです。

転職先と看護の理念が同じだったから

看護師の面接に有利な退職理由三つ目は、転職先と看護の理念が同じだったからという理由です。

転職を検討するとき、その病院の看護理念は必ず確認しますよね。そのなかで自分がやりたい看護と同じ理念であった、という理由から転職すると転職先にいい印象を持ってもらうことができます。

しかしそのために退職して移りたい、となると気持ちが重すぎて引かれてしまう可能性があるため注意が必要です。

看護師の面接に不利な退職理由

外来看護師の仕事内容と転職に必要なこととは?

仕事が辛かった

看護師の面接に不利な退職理由一つ目は、仕事が辛かったという理由です。

この仕事が辛かったという理由は、とてもネガティブな退職理由になります。確かに本当は激務で仕事が辛かったという理由かもしれません。しかし転職活動の中では、そのような理由で面接を受けると相手に悪印象を与えてしまう不利な理由になります。

休みがなかった

看護師の面接に有利な退職理由二つ目は、休みがなかったという理由です。

病院を退職する理由で福利厚生、その中でも休みのことを前面に出して転職することはよくありません。いくら待遇面に不満を持っていたとしても、それを前面に出してしまうとすぐ辞められるのではないかと相手は感じてしまいます。そのため不利な理由の一つといえます。

看護師の面接がうまくいくためのポイント

看護師の病院選び ~求人件数はどのくらいか?~

ネガティブな内容は言わない

看護師の面接がうまくいくためのポイント一つ目は、ネガティブな内容は言わないということです。

転職する際の面接では、面接官は前向きな退職理由を聞きたいと思っています。そのなかで、ネガティブな内容をずっと言ってしまうといい印象を与えることはできません。

そのため面接がうまくいくためには、ネガティブな内容は言わずに前向きな自分の転職したい理由を伝えることが重要になります。

正直に言いすぎない

看護師の面接がうまくいくためのポイント二つ目は、正直に言いすぎないということです。

面接では、転職したい理由を伝えますよね。そういう場で、あまりに正直な退職理由を伝えてしまうと社会性がないとみなされてしまいます。退職理由を聞かれたら、嘘のない範囲でポジティブに理由を伝えることが重要です。

待遇面にばかりこだわらない

看護師の面接がうまくいくためのポイント三つ目は、待遇面ばかりにこだわらないということです。

退職理由に待遇が悪かったということはあると思います。しかし面接でそれを言ってしまうと、あまりいい印象を持ってもらえませんよね。そのため待遇面については少し触れるだけにして、あとは他の理由を述べるのがうまくいくためのポイントになります。

看護師の転職活動で退職した理由を聞かれたらどうする?面接に有利な退職理由とは~まとめ~

看護師の訪問看護ステーションでの仕事内容は?転職するために必要なこと~まとめ~

看護師の退職理由や面接に有利・不利な退職理由について紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

看護師がどのような理由で辞めているのか、どのような理由が面接に有利なのか知っていただけたと思います。今から退職や転職を考えている人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

人気の看護師の求人・転職サイトのランキングはコチラ

看護師の求人・転職サイトの比較ランキング

看護師の求人・転職サイトの比較ランキング

看護師の仕事って、働く環境・職場の人間関係などによって、働きやすさが変わりますよね。

また、自分の周囲の環境(出産・結婚など)によって、転職を決断する場合があります。

その際に、自分にとってより良い条件で転職したいですよね~。

私の看護師の友人は、知り合い経由で転職をしていたけど、条件面悪く、本人はその条件が良いのか悪いのかさえ気づいていなかった。

看護師の転職サイトも合わせて活用し、求人情報を客観視することが大切です。

看護師の求人・転職サイトの比較ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

看護師が病院を辞める方法と退職代行について

看護師が病院を辞める方法と退職代行について

看護師からの転職!!養護教諭になるには??

看護師からの転職!!養護教諭になるには??

看護師の採用面接で落ちてしまう!?不採用になりやすい看護師の特徴

看護師の採用面接で落ちてしまう!?不採用になりやすい看護師の特徴

看護師が転職するべき時期とその理由

看護師が転職するべき時期とその理由

男性看護師の転職

男性看護師の転職理由、転職成功のコツ

助産師の失敗しない転職

助産師の失敗しない転職選び