中堅看護師の転職の悩みと転職するためには

中堅看護師の転職の悩みと転職するためには

中堅看護師は転職しようと思っても、なかなか転職に踏み切れないことが多いと思います。

こちらの記事では、中堅看護師が転職で抱えている悩みと転職するための方法について紹介しています。中堅看護師だからといって転職を諦めず自分に合った転職をした方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

中堅看護師の転職の悩み

産婦人科クリニックに転職するデメリット

キャリアアップできる職場に転職したい

中堅看護師の転職の悩み一つ目は、キャリアアップできる仕事に転職したいということです。

中堅看護師は転職する場合、はじめての診療科にはなかなか転職できないものです。さらに自分のキャリアアップ考え、どこに転職するかとても悩んでしまいます。

管理職になる道や専門看護師・認定看護師を取る道など様々なキャリアアップ方法があります。ですが、そのキャリアアップの分岐点が中堅看護師になるため十分な検討が必要です。

仕事と子育てを両立できる場所に転職したい

中堅看護師の転職の悩み二つ目は、仕事と子育てを両立できる場所に転職したいという悩みです。

中堅看護師ほどになると、結婚や育児を行っている場合が多くなります。その際転職で悩むことの多くが、仕事との両立です。看護師は激務で、融通の利かない職場もあります。そのためどれだけ子育て支援を行っているか、時短勤務は可能なのか調べてからの転職が必要になります。

新しいことに挑戦したい

中堅看護師の転職の悩み三つ目は、新しいことに挑戦したいという悩みです。

中堅看護師としてある程度その診療科での経験を積むと、他の診療科への知識が乏しくなってしまいます。そのため、転職で新しいことに挑戦したいと思ってもなかなかできないという悩みが出てきます。

中堅看護師が新しいことに挑戦したいと思う場合、新人と同じ立場からスタートすることも多いため十分な検討が必要です。

中堅看護師が転職するメリット

キャリアアップや給料アップできる

中堅看護師が転職するメリット一つ目は、キャリアアップや給料アップできるということです。

中堅看護師ほどのキャリアを積むと、転職する場合も非常に有利になります。今まで働いていた病院より給料が上がったり、管理職などに就くことができたりするため大きなメリットの一つです。

マンネリ化した仕事を脱することができる

中堅看護師が転職するメリット二つ目は、マンネリ化した仕事を脱することができるということです。

ある程度同じ職場で働いていると、看護師としてのやりがいや目標が薄れてしまうことも多いです。そうなると、仕事がマンネリ化し一生懸命働くことが難しくなってきます。

そういった場合に転職すると、新しい職場で心機一転できやりがいを持って働くことができるためメリットの一つといえます。新しいことを学ぶことで、仕事がマンネリ化することもないためおすすめです。

人間関係をリセットできる

中堅看護師が転職するメリット三つ目は、人間関係をリセットできるということです。

長く同じ職場で働くと、人間関係が複雑になってきますよね。さらに看護師は女社会で、人間関係のいざこざが起こりやすい職場になります。

そのため転職することで、人間関係を一新し働くことができるためメリットの一つです。しかし転職したからといって、必ず良好な人間関係を築けるわけではないため注意が必要です。

中堅看護師が転職するデメリット

外来看護師の仕事内容と転職に必要なこととは?

新しい分野では新人と同じ扱いを受ける

中堅看護師が転職するデメリット一つ目は、新しい分野では新人と同じ扱いを受けるということです。

中堅看護師になれば、ほとんどの看護技術を一人で行うことができます。ですが転職すると、看護技術の行い方や処置の方法が異なることも多いです。

そのため中堅看護師とはいえ、看護師の場合は新人と同じ扱いを受けることも珍しくありません。特に未経験の分野では、ほぼ新人として働かなければいけないため注意が必要です。

転職する場所によっては給料が下がる

中堅看護師が転職するデメリット二つ目は、転職する場所によって給料が下がるということです。

中堅看護師ほどになると、転職する場合必ず給料が上がると思われがちです。しかしそうではなく、転職する場合は場所によっては給料が下がることもあります。そのため転職先でどのような待遇であるのか、しっかり見極めることが重要です。

新しく覚えなければいけないことが多くなる

中堅看護師が転職するデメリット三つ目は、新しく覚えなければいけないことが多くなるということです。

今まで同じ職場で勤務していた中堅看護師は、他の職場に転職するとその場所のルールがあるため覚えることが多くなります。しかし長年覚えていたことを変えて新しいことを覚えることが難しくストレスを貯めることがあるため、デメリットの一つといえます。

中堅看護師が転職するためには

看護師の産婦人科クリニックでの仕事内容と転職に必要なこととは?

キャリアを活かせる職場を選ぶ

中堅看護師が転職するために必要なこと一つ目は、キャリアを活かせる職場を選ぶということです。

中堅看護師が全く未経験の分野に転職すると、それだけで多くのストレスを抱えてしまいます。しかし何回も転職を行うと自分のキャリアを傷つけてしまいますよね。

そのため中堅看護師が転職する場合は、できるだけ自分のキャリアを活かせる職場に転職することが必要になります。

自分の看護師としての目標をしっかりと持つ

中堅看護師が転職するために必要なこと二つ目は、自分の看護師としての目標をしっかりと持つということです。

中堅看護師になれば、自分の看護観が固まってきていると思います。しかし転職となるとそれを忘れて職場を選びがちです。しかし自分の看護観とかけ離れた職場を選んでしまうと、その職場で長続きしないことも多くなってしまいます。

そのため転職する場合は、自分の看護師としての目標や看護観をしっかり持ち自分に合った職場に転職することが必要になります。

中堅看護師の転職の悩みと転職するためには~まとめ~

看護師の訪問看護ステーションでの仕事内容は?転職するために必要なこと~まとめ~

中堅看護師の転職の悩みやメリット・デメリット、転職するために必要なことを紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

中堅看護師の転職について知っていただけたと思います。中堅看護師は比較的転職に有利ですが、その反面転職先に悩むことが多いですよね。そういった転職に悩んでいる中堅看護師の方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

人気の看護師の求人・転職サイトのランキングはコチラ

看護師の求人・転職サイトの比較ランキング

看護師の求人・転職サイトの比較ランキング

看護師の仕事って、働く環境・職場の人間関係などによって、働きやすさが変わりますよね。

また、自分の周囲の環境(出産・結婚など)によって、転職を決断する場合があります。

その際に、自分にとってより良い条件で転職したいですよね~。

私の看護師の友人は、知り合い経由で転職をしていたけど、条件面悪く、本人はその条件が良いのか悪いのかさえ気づいていなかった。

看護師の転職サイトも合わせて活用し、求人情報を客観視することが大切です。

看護師の求人・転職サイトの比較ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東京の看護師・平均勤続年数

新人看護師が転職を成功させるためには!?

経験が浅い看護師の転職 転職先で失敗しない為の3つの心得

経験が浅い看護師の転職 転職先で失敗しない為の3つの心得

看護師が病院を辞める方法と退職代行について

看護師が病院を辞める方法と退職代行について

養護教諭にはどうやってなるの??

保健師の仕事が人気な理由!!保健師ってどんなところで働けるの?

看護師転職サイトに登録する理由とメリット・デメリット

看護師転職サイトに登録する理由とメリット・デメリット

看護師が転職会社を利用するメリット・デメリット

看護師が転職会社を利用するメリット・デメリット