訪問看護ステーションの求人情報の実態

訪問看護ステーションの求人情報の実態

訪問看護の仕事内容は?

訪問看護の仕事内容は?

訪問看護では患者さんの自宅に直接伺って、点滴や浣腸・導尿やパウチ交換など専門的な看護を担当医師の指示所に従って行ったり、普段介護を行っている家族への技術の指導やケアのアドバイスなども行っています。

近年、在宅で治療を希望する患者さんも増えているため、訪問看護の需要も徐々に高くなってきています。

また、訪問看護だけでなく、訪問介護や訪問リハビリなど在宅で療養できる環境も整っているため、医師や訪問治療を行っている方との連携をとりながら、在宅療養している患者さんのケアをしていきます。

訪問看護で働く看護師のやりがい

訪問看護で働く看護師のやりがい

訪問看護で働く看護師のやりがいは主に3つあります。

1つ目は患者さんに寄り添った看護ができること

訪問看護は限られた時間、患者さんの自宅に訪問して看護を行うため、患者さんと関わる時間は少ないですが、その時間は患者さんと1対1で向き合ってじっくり看護することができます。

また、患者さんが在宅で看護を必要とする限り、患者さんと家族と長期的な関わりになるため、長いスパンで深い関りを持つことができるのでやりがいを感じることができます。

2つ目は患者さんや家族の方と直接言葉を交わせること

患者さんや家族の方と直接接する機会が増えるため、病院やクリニックで看護師として働いているより感謝の言葉を言ってもらえることも多くなるため、看護師としての充実感も得ることができます。

さらに、長期的なスパンで看護していけるので、少しの表情の変化や身体の変化などに気付くことができ、自分が行ってきた看護の効果も自分で確認することができます。

3つ目は看護師としてのキャリアアップにつながること

看護師の仕事は看護技術だけでなく、コミュニケーションや観察・アセスメント・判断力などさまざまな力が必要とされます。

病院にいると、すぐに同僚の看護師に相談できたり、医療器具も充実しているので簡単に行えるケアでも、在宅となると自分1人で観察・判断し、ケアを行うことになります。

ケアの方法も病院のように手順通りに行えることは少なく、工夫も必要となってきます。

訪問看護では、これらの看護師に必要な能力を磨くことができるため、看護師としてキャリアアップすることもできます。

訪問看護で働くメリットとデメリット

訪問看護で働くメリットとデメリット

訪問看護で働くメリット

1つ目はほとんどの訪問看護事業所はカレンダー通りの勤務で、基本的には土日・祝日が休みになるということ

休みがカレンダー通りのため、子育て中の方などには働きやすい勤務形態になっています。

さらに、夜勤は当番制になっているため、夜勤勤務がないこともメリットです。

2つ目は給与が高く、諸手当も充実していること

病院やクリニックは夜勤勤務をしなければ、給与の差がついてしまいますが、訪問看護は病院やクリニックと同じ、カレンダー通りの勤務で夜勤がなくても、給与が高い求人情報が多いです。

3つ目は病院勤務では経験することができないことをたくさん経験できる点

病院では、いつでも相談できる先輩看護師が近くにいたり、ケアできる環境や物品なども充実していますが、訪問看護ではそれぞれの環境に合わせたケアが必要になります。

そのため、自分なりの工夫をしたり、その患者さんに合わせた看護を考えなければなりません。

困難な点もありますが、自分の判断力や行動力も培うことができるため、スキルアップにつなげることができます。

訪問看護で働くデメリット

1つ目は、自分1人の判断が必要とされること

訪問看護の際は、基本的には1人で伺うことになるため、その時に行うケアや看護は自分1人で状況に合わせてケアしなければなりません。

他にも、自分で判断する場面が病院で働くよりも多くなるため、責任が重たくなってしまいます。

2つ目は患者さんの家族と深く関わる分、家族との人間関係の構築が困難な場合がある点

在宅療養には家族の協力が必要なので、家族と看護師の関係も築いていかなければなりません。

お互い良好な関係が築けない場合もあるため、人間関係に悩むことも増えるようです。

3つ目は夜勤勤務がない分、交代で夜間のオンコールに対応しなければならない

自分の働き方に合わせて、夜間の対応を免除してくれる場合もありますが、夜間の対応がある場合は、常に気持ちの準備をしておかなければならないため、気持ち的にリラックスできないこともあるようです。

訪問看護師の求人の実態

訪問看護師の求人の実態

訪問看護の需要は年々高まってきているため、訪問看護事業所の看護師の求人情報も数多くあります。

しかし、自分での判断が重要となる訪問看護師の求人は、看護経験〇年以上などの条件がある場合も多いです。

病院やクリニックでの看護師経験はあっても、訪問看護での看護師経験はない方が多いです。

そのため、訪問看護の未経験者の方でも、スムーズに訪問看護に馴染むことができるように指導や同行訪問などの教育体制も充実しているため、その点は安心して就職することができます。

また、それぞれの自宅に訪問して看護するため、車が移動手段となる場合があり、車の免許が必要となることもありますが、車の免許が必須なわけではありません。

車の免許がない方や車の運転に不安がある方でも、自転車で移動できる訪問先も多数あるため、安心して就職して頂けます。

看護師の転職サイト人気ランキング
看護師の転職サイトは、ネット上で調べると20サイト以上あります。 その中から『求人数』『年間利用者数』『お祝い金』『対応エリア』『口コミ・...
看護師の求人・転職サイトの比較ランキング

看護師の仕事って、働く環境・職場の人間関係などによって、働きやすさが変わりますよね。

また、自分の周囲の環境(出産・結婚など)によって、転職を決断する場合があります。

その際に、自分にとってより良い条件で転職したいですよね~。

私の看護師の友人は、知り合い経由で転職をしていたけど、条件面悪く、本人はその条件が良いのか悪いのかさえ気づいていなかった。

看護師の転職サイトも合わせて活用し、求人情報を客観視することが大切です。

看護師の求人・転職サイトの比較ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

看護師からの転職!!養護教諭になるには??

看護師からの転職!!養護教諭になるには??

看護師のための「ブラック病院」の見抜き方9個

看護師のための「ブラック病院」の見抜き方9個

看護師からの転職!!養護教諭になるには??

看護師の転職事情(東京)

准看護師の年収と仕事内容/正看護師との違い

准看護師の年収と仕事内容/正看護師との違い

看護師で余裕のある職場に転職し、ストレスから解放

看護師で余裕のある職場に転職し、ストレスから解放

3年未満の転職は不利になる?

手術室看護師の仕事内容とよく抱える悩みとは?