保育園でも働ける!?看護師の保育園での仕事と保育園に転職するためには!?

保育園でも働ける!?看護師の保育園での仕事と保育園に転職するためには!?

意外と知られていませんが、0歳児のいる保育園では看護師を設置する義務があります。

そのため、保育園で働くことが看護師の働き方の一つとして考えられるようになってきました。

看護師が保育園で実際に行う仕事の内容や、保育園に転職する上で必要なことを知ることで、保育園への転職も選択肢の一つに増やしましょう!

看護師の保育園での仕事

看護師の保育園での仕事

お部屋の見回り

看護師は、朝にくるとまずお部屋の見回りをすることが多いです。朝から体調の悪い園児がいないか確認し、対応することは大事な業務の一つになります。

また、適度にお部屋のラウンドを行うことで、園児の体調に変化がないか確認し園児の対応を行っていきます。

具合の悪い園児への対応

看護師の仕事として主な業務の一つが、体調の悪い園児への対応です。自宅へ帰る必要があるか、病院に行ってもらった方がいいかなどを判断する重要な役割となります。

また、帰宅後にどのような看護を行ったらよいかなど具体的な指導を保護者に行い、対応を行っていきます。

保育士への保健指導

保育士は、体調の悪い園児や感染予防についての知識が少ないことが多いです。そのような場合、適宜指導を行う必要があります。

とくに感染予防については、感染しやすい園児の多い保育園ではとても重要です。そのため、嘔吐物や下痢の処理・手指消毒などについての指導を行っていきます。

園児の健康管理

園児の健康管理も看護師としての大切な業務です。保育園でけがをした子供に対する応急手当や、健康状態の確認を行っていきます。

しかし、ここで注意が必要なのは看護師が保育園で医療行為を行うことはないということです。医療行為が必要だと判断した場合は、速やかに医療機関に受診してもらうよう保護者へ伝える役割を担います。

保育園で働くメリット・デメリット

保育園で働くメリット・デメリット

メリット

休みがカレンダー通り

保育園の多くは平日に運営されているため、行事以外での土日、祝日の出勤はありません。

残業がない

保育園は、決まった時間に園児を引き取りに来てもらうため、基本的に残業は発生しません。

健康な園児が対象

病院で働いていると、患者への看護を実践することが仕事になります。仕事の責任が重く、忙しい場合がほとんどです。

ですが保育園は、健康な園児を対象とするため病院ほどの責任を感じながら仕事を行なうことが少ないです。夜勤もないため看護師の忙しさに疲れた、という方にはメリットの多い職場といえます。

デメリット

給与が下がる

病院と異なり、保育園に夜勤はありません。そのため、夜勤を行っていた病院勤務時代より給与が下がることは間違いないでしょう。

また基本給に関しても、保育士より高いことは多いものの病院より低い場合が多いので注意が必要です。

保育の仕事が主

ほとんどが健康児の保育園では、業務の主は保育になります。バリバリの看護を行っていた人にとってはやや物足りないと感じてしまうでしょう。

ですが、子供が好きな人にとってはとても良い環境です。

人間関係が大変

保育士が圧倒的に多い保育園では人間関係で悩むことが多いです。看護師だから、と頼りにされがちになってしまったり、嫌みを言われてしまったりすることもしばしば…。

保育園では、資格関係なく関わっていくことが重要になります。

保育園に転職するために必要なこととは

保育園に転職するために必要なこととは

小児科経験を積む

体調の悪い園児を対応する保育園の看護師は、一人で対応できる能力が求められます。

そのため、あらかじめ小児科での経験が募集条件になっている保育園も多いです。

多くの保育園では看護師は一人のため、心配なく患児を任せるためにも必要な条件の一つといえます。

子育て経験がある

多くの園児を相手にする保育園の看護師にとってあるといい経験の一つが子育てです。

全く子供に触れていない看護師より、子育てを経験している看護師の方が子供にうまく関われるため面接の際問われることもあります。

もちろん個人的なことなので必須ではありませんが、子育て経験のある看護師は保育園に転職してもギャップに悩むことが少ないです。

子供が好き

子供が好きということは必須といってもいい項目です。子供を相手にする職場なので、子供が好きではない人にとっては苦痛やギャップを感じることがあります。

ただ子供が好きではなく別の職場で働きたい、という人にとって保育園はあまりおすすめとはいえないでしょう。

保育園でも働ける!?看護師の保育園での仕事と保育園に転職するためには!?~まとめ~

保育園でも働ける!?看護師の保育園での仕事と保育園に転職するためには!?~まとめ~看護師の保育園での業務や、転職する上で必要なことがらをあげましたが、いかがでしたでしょうか。

保育園で働いてみたい、という看護師の方は多いですよね。

保育園は確かに大変で、看護を行う機会も少なくなってしまいますが子供の成長を見守り手助けできるとてもいい職場です。

もし、子供が好きで働いてみたいと思った方は選択肢の一つにしてみてくださいね。

 

人気の看護師の求人・転職サイトのランキングはコチラ

看護師の求人・転職サイトの比較ランキング

看護師の求人・転職サイトの比較ランキング

看護師の仕事って、働く環境・職場の人間関係などによって、働きやすさが変わりますよね。

また、自分の周囲の環境(出産・結婚など)によって、転職を決断する場合があります。

その際に、自分にとってより良い条件で転職したいですよね~。

私の看護師の友人は、知り合い経由で転職をしていたけど、条件面悪く、本人はその条件が良いのか悪いのかさえ気づいていなかった。

看護師の転職サイトも合わせて活用し、求人情報を客観視することが大切です。

看護師の求人・転職サイトの比較ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

出産・育児・子育てのブランクから復職できる?

看護師の転職で好条件を引き出せる本当の理由!?

看護師の転職 ブランク

ブランクあり看護師向け転職アドバイス

看護師の履歴書・職務経歴書の書き方

看護師の履歴書・職務経歴書の書き方

看護師の職場の人間関係

看護師の転職検討中に職場の人間関係についてどう見抜くか?

看護師の面接

看護師の転職に向けて面接対策は何をする!?

看護師免許取得後はどうする??

【看護師が転職で失敗しないための準備すべき事】