看護師が転職するべき時期とその理由

看護師が転職するべき時期とその理由

理想とする転職とは何なのか気になるところではないでしょうか?

看護師をしていると色々な理由で、仕事をやめたくなることがあると思います。

人間関係だったり、自分に合う職場は病棟なのか外来なのか、はたまた施設なのか、でデイサービスなのか、働いていると色々な仕事に関する疑問なども出てくることで悩むのではないでしょうか?

転職をするとしても、人によって理想はあり、その理想に近い場所も探さなくてはいけなくなります。

そうなると、いつから転職活動に向けて活動を始めるべきなのかなど問題が出てきます。

ここでは、転職するべき時期とその理由をご説明しようと思います。

看護師の転職に適した時期とその理由について

看護師の転職に適した時期とその理由について転職をすると決めてもいつでも良いという訳ではありません。

求人が多い時期や就職しやすい時期など1年を通して変動があります。看護師という仕事は求人が多いことで有名ですが、時期を間違えてしまうと断られることもあります。

そのような失敗をしないためにここでは、その時期について理由も一緒にご説明します。

1.転職に適した月について

転職をするにしても、思い付きで転職するにはリスクが高すぎます。

1年の中でも転職に適した月があります。どの月が適しているのかをここでは理由も交えてご説明します。

1年を通して最も求人が増えるのは4月だといわれています。

4月が新卒が入ってくる時期とも重なり求人が増えるのです。それだけではなく、年度の変わり目でもあるため中途採用の枠も増え一年の中でも最も求人が増える時期なのです。

他には、ボーナスがもらえて転職してもしばらくの間余裕が持てる1月や7月が中途採用も転職を考える時期でもあるため個人病院などの小さな病院などでは枠があるようです。しかし、他の職場に行った際にはボーナス目当てで来ているのではないかとあまり良くない印象を受ける可能性もあるため注意が必要な時期でもあります。

最後に9月などの期の変化に転職を考え行動することがあると思います。採用枠はあるにしても期の変化でもあり、さほど採用枠は多くないようです。

しかし、上記に挙げた月以外でも採用枠はあると思います。看護師というブランドはどこでも使えるため引く手数多ではあります。県外に出ても県内にいても病院や施設さえあればどこにでも求人はあるので転職を考えやすい職業なのです。

どこでも採用される可能性が高いだけ、選ぶにも選択肢が多い方がよいのではないでしょうか?

それを考え、転職をする時期を考えることをお勧めします。

ふと思い立ってやめて、それとなく給料もいいから就職をしてみれば、そこはブラックだったなんてこともざらではないと思います。

引く手数多だからこそ自分の行く職場を慎重に選ぶことが大切です。

次の項目では、転職に適したキャリア年数についてご説明します。

2.転職の際に有利なキャリア年数

転職をするにしても最初の職場でどのぐらいの年数を積めばいいのかなんて考えたことはあるでしょうか?

やめたい時期が辞め時という訳にもいかないのが看護師の世界です。

やはり、転職する先にも戦力になるのかどうなのかを検討し選ぶ権利はあります。

では、適したキャリア年数とはいつなのかをここでは理由と一緒にご説明します。

まずはピカピカの1年生での転職についてですが、この場合は仕事の過酷さや人間関係などに悩み、やめてしまうことが多いのではないでしょうか?

この場合では、転職先では良い印象はありません。新人の場合では体力があるため仕事は頑張れるでしょうが、前の職場と同じ状況または似たような状況になるとすぐにやめてしまうのではないかという先入観から始まります。

新しい職場では心機一転頑張ろうと思っても、前の職場のことを完全に忘れることはできないため同じことでやめてしまうことも多々あることを職場はよくわかっているのです。

では、1年はキャリアを積んだ2年目ではどうなのか?新人ではないしそれなりに知識を得ていますが転職には向いているのか?

実は、1年目と2年目は戦力とはならないということから良い条件はなかなか見つからないことが多いのです。

1年といえどたった1年なので知識も限られてきます。しかし、体力はあるためハードな職場では採用されることがあるとはありますが、自分の理想には遠いことが目に見えています。

このことから最初の2年~3年は頑張って最初の職場に勤めあげそれでもダメなら転職することをお勧めします。

しかし、3年目以上と言ってもいつでもいいという訳ではないのです。

6年以上になると自分の看護観が確立され他の職場に行っても肌に合わないなんてこともあり、新しい職場でも浮いてしまうこともあるのです。

看護観にこだわりが強いと余計にそれを職場のスタッフに押し付ける形にもなるため注意が必要です。

では、どの時期がよいのか?

転職に適した時期は3~5年のキャリア年数を持つことで、新しい職場でも臨機応変に対応できるようになります。

そして、この頃から看護観を固めていく時期でもあるので採用する職場からも良い条件が出されることが多いようです。

それに、5年目の看護師でも20代ということもありフットワークが軽いため戦力になりやすく、前の職場でもやめた理由が前向きな理由のことも多いため印象は良いのです。

上記に挙げたことを踏まえると転職する時期は3~5年目の4月ごろがお勧めということです。

転職を考えている方は参考にしていただければと思います。

看護師が転職するべき時期とその理由~まとめ~

看護師が転職するべき時期とその理由~まとめ~看護師は身体的にも体力的にもとてもハードな仕事です。

それに、女の職場でもあります。男性の看護師が増えてきたといってもやはり女の人の方が多く女社会になっているためストレスもかなりあると思います。

そんな中での転職は仕事をする以上に悩みつらいこともあると思います。

しかし、転職をすることで目の前がすっきり晴れることもあります。

転職を自分を変えるもしくは、働く環境を変えることで自分を前向きにするための一つの方法だと思いポジティブに考えることをお勧めします。

そして、転職を一人で考えるのではなく家族や友達にはなしたり、転職サイトなどを利用するとよいと思います。

一人では判断できないことも一緒に考えてくれます。

転職に失敗しないためにも上記のことを参考にして転職してよかったと思えるようにしていただけたらと思います。

看護師の求人・転職サイトの比較ランキング

看護師の仕事って、働く環境・職場の人間関係などによって、働きやすさが変わりますよね。

また、自分の周囲の環境(出産・結婚など)によって、転職を決断する場合があります。

その際に、自分にとってより良い条件で転職したいですよね~。

私の看護師の友人は、知り合い経由で転職をしていたけど、条件面悪く、本人はその条件が良いのか悪いのかさえ気づいていなかった。

看護師の転職サイトも合わせて活用し、求人情報を客観視することが大切です。

看護師の求人・転職サイトの比較ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

養護教諭にはどうやってなるの??

保健師の仕事が人気な理由!!保健師ってどんなところで働けるの?

看護師の転職のコツ

正看護師の失敗しない転職のポイント

看護師の転職活動と仕事

病院以外で看護師資格を活かせる仕事

看護師の採用面接で落ちてしまう!?不採用になりやすい看護師の特徴

看護師の採用面接で落ちてしまう!?不採用になりやすい看護師の特徴

東京の看護師・平均勤続年数

新人看護師が転職を成功させるためには!?

男性看護師の転職

男性看護師の転職理由、転職成功のコツ