助産師の失敗しない転職選び

助産師の失敗しない転職

助産師って、仕事ができるようになるまでの道のりが大変って聞きますし、転職活動も大変そうですよね~。

まさにそうね~。看護師の免許を取るだけでも相当な勉強をしているので、助産師まで志す人は非常に少ないのが現状。一方で助産師になることをキャリアアップとして考えることもできますし、転職においてもポイントを抑えることができれば前向きな転職ができますよ。

助産師の仕事は生命の誕生に携わることができ、生命の誕生はとても神秘的で感動的な現場です。
妊娠中から退院するまでの10ヶ月という長期間の関わりから信頼関係を築くことができ、母親と父親になっていく姿を見守れるは、とてもやりがいがある仕事です。

しかし、その半面いつ出産が始まるかわからないため休憩が取りづらかったりお産が始まったら夜勤など座る暇がないというのも現状です。
助産師の仕事はそんなハードで大変なこともたくさんあります。
女性がメインとなる仕事だからこそ人間関係などでも様々な悩みもあります。

助産師になるためには

助産師の転職

助産師になるためには、先ず看護師の資格を取得しなければなりません。その上で、1~2年間、助産師教育機関で学びます。学校を卒業・修了すると国試(助産師国家試験)の受験資格を得られます。助産師国家試験を無事合格すると無事助産師として働くことができます。

このように、助産師になるためには、看護師の免許を取得した上で、別途助産師教育機関に行き、助産師国家試験の合格目指す必要性があり、それなりに大変です。助産師国家試験の合格率は90%以上となっているため、まじめに授業を受け、実技を身につければ、まず合格できると言われていますが、勉強を重ねなければなりません。

助産師の魅力(メリット)

  1. 助産師になるめには非常に苦労しますが、免許を取得することができれば、自身で産院を開業することができます。
  2. 助産師は、看護師と比べて給料が良い。助産師には、助産師手当てがつくので、看護師と比べても年収で70万円以上高い状況になります。

助産師は大変(デメリット)

  1. 助産師の仕事は、生命の誕生において時間をコントロールできないため、昼・夜と関係なく仕事を続けなければなりません。看護師と比べても少しキツイ仕事を言われています。
  2. 助産師は、人数が不足している状況のため、1人あたりの仕事のボリュームが多いです。残業や夜勤が必然的に増えてしまいます。また、1つ1つの仕事の責任も重いです。
  3. 助産師になると、助産師の仕事がメインとなるため、看護師の仕事の知識がなく、偏った経歴になることがあります。長く続けると看護師の転職が難しい状況になることもあります。

メリット・デメリットを確認すると、助産師として働くのであれば、キャリアアップとして考えるか、専門職のプロフェッショナルとして働くという考え方をした方が良いですよね?

まさにそうね~。看護師の免許を取るだけでも相当な勉強をしているので、助産師まで志す人は非常に少ないのが現状。キャリアアップとして考えるということもできますね。

助産師の失敗しない転職選び、就職について

看護師の転職はチャンス

1.助産師の転職の際に注意したいこと

助産師が病院に転職するときには、就職してから後悔しないために実際にどんな事ができるのか、具体的な業務内容を確認することが大切です。
産婦人科のある病院には分娩室の他にNICUや産褥病棟、また婦人科など様々な部署で助産師を必要としています。
例えば、大きな病院であれば希望部署に配属される可能性があるのか、そこでの実際の業務内容、分娩に携わりたいのであれば年間の分娩回数などを確認していきましょう。

2.産婦人科で働くメリット

産婦人科で働くメリットは、生命の誕生に関われることだけではなく、妊娠初期から出産後まで携わることから妊娠、出産、新生児ケアなどたくさんの知識を身につける事ができます。

生命の誕生による明るくポジティブな雰囲気で働くことができるのも魅力のひとつです。また、産婦人科の場合、不妊治療や婦人科特有の疾患など、患者の悩みに深く共感しながら寄り添って看護をしていくことも求められる為、助産師として強くやりがいを感じるという点もあります。

3.産婦人科で働くデメリット

産婦人科で働いている助産師が感じる代表的なデメリットは、必ずしも正常分娩とは限らないということです。人工中絶、流産、死産は助産師としてもとても辛く、厳しい現実を受けれ入れて仕事をしていかなければならないときもあります。

また、産婦、褥婦の精神的ショックによるフォローも必要となってくるため、その為、精神的強さも求められる仕事となります。

産婦人科では、助産師と看護師が共に仕事をする事になるため看護師と助産師の関係性が良い職場もあれば、助産師資格を持たない看護師に対して当たりが強いという職場もあるようです。

4.転職場所はどんなところがいいのか

産婦人科で働くにあたって、どんなことをやりたいのかを明確にする必要性があります。例えば、『自分はお産を取り上げたい』と思った場合に、その内容に注目して求人を探していくと、自分が働きたい場所や自分が求めているものが必然とみえてきます。

働き方としては、総合病院、大学病院などの各種病院の産婦人科、助産院、産婦人科クリニックなど様々な働き方があります。病院や助産院は基本夜勤がありますが、クリニックによっては日勤のみの募集もある為、転職の際は自分が将来どんな働き方をしたいかを考えて転職を考えるのが転職成功への一歩となるでしょう。

5.こんな人は助産師に向いている!

  • 赤ちゃんと妊婦さんが好きな人、お産が好きな人は助産師の素質があり向いています。
  • 母親のように優しく、包み込むような寛大な性格の人
  • 落ち着いて判断、行動ができ時間配分の上手な人
  • コミュニケーション能力があり、指導が好きな人

助産師の転職活動は、先ずは求人を集めることから始まります。転職サイトに登録して、キャリアコンサルタントに希望条件を伝えましょう。
看護師の転職サイト人気ランキング
看護師の転職サイトは、ネット上で調べると20サイト以上あります。 その中から『求人数』『年間利用者数』『お祝い金』『対応エリア』『口コミ・...


応援の意味でポチッとお願いします。

看護師の求人・転職サイトの比較ランキング

看護師の仕事って、働く環境・職場の人間関係などによって、働きやすさが変わりますよね。

また、自分の周囲の環境(出産・結婚など)によって、転職を決断する場合があります。

その際に、自分にとってより良い条件で転職したいですよね~。

私の看護師の友人は、知り合い経由で転職をしていたけど、条件面悪く、本人はその条件が良いのか悪いのかさえ気づいていなかった。

看護師の転職サイトも合わせて活用し、求人情報を客観視することが大切です。

看護師の求人・転職サイトの比較ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

看護師の採用面接で落ちてしまう!?不採用になりやすい看護師の特徴

看護師の採用面接で落ちてしまう!?不採用になりやすい看護師の特徴

看護師が東京で働くデメリット

ナースの転職失敗エピソード

看護師転職サイトに登録する理由とメリット・デメリット

看護師転職サイトに登録する理由とメリット・デメリット

東京の看護師・平均勤続年数

新人看護師が転職を成功させるためには!?

看護師が病院を辞める方法と退職代行について

看護師が病院を辞める方法と退職代行について

看護師が転職会社を利用するメリット・デメリット

看護師が転職会社を利用するメリット・デメリット